帰国子女はメリットが多い?それともデメリットが多い?

帰国子女はメリットが多い?それともデメリットが多い?

帰国子女、学年にひとりくらいはいた海外から帰ってきた人たちです。下手な教師より全然英語ができて英語に関してはほぼ完璧な存在。しかしそうでもない方もちらほらみえますが…

これは一体どれだけアドバンテージがあるのでしょうか?そこを調べていきましょう。

帰国子女の英語力は?

まずは大前提としていきたいのですけど、英語圏以外の帰国子女ですと英語はあまり話せないです。アメリカだったりイギリスだったりですね。これが英語圏ではない中国などになると英語は使えないケースが多いです。

そうすると帰国子女なのに英語ができないという悩みになってしまい大変な思いをすることになります。日本人が持っている偏見は怖いですね。

帰国子女は入試のときに有利になるのか

これは本当ですね。帰国子女用の試験があるので一般入試と比べて難易度が低いと言われています。一部学校の学部によっては英語だけでも問題なく合格できるところがあるので有利と言えるかもしれませんね。

帰国子女は就職のときにも有利になるのか

大手でも英語を話せる人材を欲しているので、流暢に英語を話せる帰国子女はとても強いです。それにTOEICスコアも高いので見栄えに関してはかなりいいです。

また自己主張がはっきりしているケースも多いので帰国子女は先行に有利になると聞きます。その後しっかりと働けるかは本人の要領しだいとなるみたいです。

帰国子女が不利に働くとき

日本の社会は縦社会で、年功序列文化が根強く残っています。業績を上げているかどうかよりも、長く勤めているか、年が上かどうかで相手を尊重するかどうか決めるところがあります。

そして日本では相手によって細かく敬語を使い分けます。このようなことは海外にはない文化なので、帰国子女の学生には慣れないことでしょう。ついフランクな態度で目上の人に接してしまい、ひんしゅくを買うということもあり得るかもしれません。

帰国子女のまとめ

メリットが多い帰国子女、結局語学力を含めてどうするのかは個人差があります。ただし、いくら語学力があると言っても日本に帰ってきて何もしないと語学力もなくなります。

日本語しか使っていないのですから英語力がおちてしまうのは当たり前ですよね。そんな帰国子女のために英語力を取り戻すコースもあるようです。

自身の環境を上手く利用できる帰国子女が強いということになりますね!

TOPページを見る