喉の腫れを侮るな!放置しちゃいけない扁桃炎

扁桃炎の際に味方にしたいトマトジュース

なんとなく喉に違和感を感じ始めて、唾を飲み込むのもつらく感じることになるのが扁桃炎です。
中咽頭における口蓋扁桃に、赤く腫れあがる炎症が生じています。
健康な体の状態を守るために、様々な病原体の浸入から口蓋扁桃は守りの姿勢で働いてくれますが、ウイルスや細菌が強く出てしまうと急性扁桃炎になるのは避けられません。

イガイガとした喉の症状は不快感を感じますし、嚥下時痛や熱が出始めたりします。
強いだるさの倦怠感を感じ始めますし、熱は高くなる一方ですから、当然ながら食欲もわくことがありません。
細菌やウイルスと戦って炎症を起こしている状態ですが、それに伴う痛みや腫れなどとも戦いです。

正しい治療をしたり回復のために必要な栄養が足りないと、広い範囲へと炎症が広がって、重篤化した扁桃周囲膿瘍や扁桃周囲炎などにもなりかねません。
何が発端となっているかにより、医療機関による治療手段は異なります。
適切な検査を行う必要がありますし、併用をするのは細菌培養検査です。

対症療法がメインになるのは、まだ軽い症状のウイルス性のケースであり、痛みや熱への消炎剤や解熱鎮痛剤での対処となります。
医薬品により痛みを抑えることができますので、回復に向けての栄養を摂取することをスタートです。
免疫力が大変下がっている状態ですから、喉を通りやすくて栄養価の高い食事が必要になります。

しかしまだ違和感も残り、固形物が喉をスルスル通る状態ではないです。
そこで利用をしたいのが、たっぷりのリコピンを含有するトマトジュースであり、トマト自体には高い抗酸化作用があります。
ストレスの多い生活は体調を崩しやすく、扁桃炎を発症する要因にもなるため、できるだけストレスはこまめに解消をすることです。

できるだけ身体を温めるようにして、口にしやすくて栄養の吸収も良いトマトジュースを飲み、抗酸化作用の働きで悪さをしている細菌やウイルスもノックアウトをします。
一気に飲む必要はなく、症状をみながら1日のうちで、無理なくこまめに飲むことです。

美容やダイエットの味方にもなるリコピンの底力

真っ赤な色が鮮やかなトマトの色はリコピンであり、色素のカロテノイドには優れた抗酸化作用がありますので、免疫力の低下をした扁桃炎の際にも、トマトジュースでの摂取はピッタリです。
早く回復をさせたいと思っても、無理をすると悪化をするケースがあるので、身体はいつもよりも温めるようにして、必要な栄養を摂取して内側から元気になっていきます。

トマトをそのまま食べるよりも、トマトジュースになっている方が、液状だからこそリコピンをはじめとする栄養の吸収力は高いです。
イガイガや発熱などの症状も伴いやすい扁桃炎の際の栄養補給にもピッタリの食材ですが、健康のサポートだけではなく、トマトに含まれるリコピンは美容にも良い働きがあります。

美しくなるためにはダイエットは必須ですが、トマトジュースを飲むことで空腹感も落ち着きますし、その際に吸収の良い状態でリコピンをたっぷりと補給することが可能です。
なぜダイエットにリコピンの積極的な摂取が向いているかですが、強い抗酸化力により体内の血流を良くするためであり、これによる内臓の働きも細胞も活性化するので、自然に代謝が高まります。

体内代謝が元気になることで、糖分や脂肪もスムーズにエネルギー変換をされやすいです。
脂肪燃焼効果にも長けていますので、身体についている脂肪燃焼効率は良くなり、さらに無駄に脂肪を付けないため、痩せやすくて太りにくい状態へ導かれます。

たっぷりのビタミンCを惜しみなく含むのもトマトのリコピンであり、美容効果を期待できないはずがありません。
強い抗酸化作用と恵まれたビタミンCがタッグを組んで、美肌効果のためにも一役買ってくれる存在です。