喉の腫れを侮るな!放置しちゃいけない扁桃炎

扁桃炎の予防方法を徹底解説

扁桃炎は、喉の痛みだけではなく食事が摂れなくなったり、高熱が出るとてもつらい症状です。
免疫力の低い子供などが罹りやすく、季節の変わり目などに発症しやすいと言われています。
喉が痛いというのは大人でもつらいものですから、子供にとってはよりつらい症状となるでしょう。
そこで、今回は扁桃炎にならない為にできる予防方法について徹底解説していきます。

まず、一番大切なことは免疫力を上げるということです。
免疫力というのは、ウイルスや細菌に対して闘う力のことであり、体内に侵入してきたウイルスや細菌が悪さをする前にやっつけてくれる役割があります。
小さな子供は免疫機能が未発達の為、どうしてもウイルスに感染しやすいという特徴がありますが、大人になれば少しのウイルスぐらいであれば感染しても症状が出ずに鎮静化します。
これが、免疫力の差なのです。

免疫力をアップさせるには、健康的な生活を心掛けることが一番です。
睡眠不足は体の免疫力を下げてしまいますので、しっかり睡眠をとることが大切です。
また、食事に関しても一日三食しっかり食べること、そして栄養バランスに優れた食材を摂取することを心掛けてください。
お菓子やインスタントラーメンばかりを食べていると、栄養バランスが乱れてしまいますので、注意が必要です。
また、外食ばかりの生活も良くありません。

それから、ストレスも免疫力を下げる原因と言われています。
ストレス社会に生きる現代人にとって、ストレスを避けて生活をすることは簡単ではありませんが、発散する方法ならいくらでもあります。
自分にとってストレスを発散できる方法を知っておくということも免疫力をアップする為に必要不可欠な要素なのです。
それと、太陽の光を浴びるというのも効果的ですので、外で運動を行うことも意識してみてください。
食事、睡眠、運動を定期的に見直して、免疫力をアップさせましょう。
免疫力がアップすれば、ウイルスや細菌と闘う力もついてきます。

扁桃炎の予防方法で効果的なのは正しいうがい

扁桃炎の症状でもつらいのが喉の痛みです。
喉に痛みがあると水分すら飲み込むのがつらくなってしまいます。
「喉が痛いな」と感じた時には、すでにウイルスが喉に付着し、繁殖し始めているかもしれません。
繁殖し始めた段階で対処すれば、扁桃炎になる前に防ぐことができますので、しっかり対処していきましょう。

扁桃炎を防ぐ為に必要なのは、基本的な予防方法と同じで手洗いとうがいです。
手洗いのポイントは、最低でも15秒以上の時間洗い流すことと言われています。
指先、爪の間、手首などをしっかり洗い、15秒間流水で流してみてください。
これでウイルスや細菌は流れていきます。
殺菌効果があるアルコールなどを最後に利用することで、手からの感染を防ぐことができるでしょう。
ただし、アルコール殺菌をする場合、手が乾燥してしまうことがありますので、乾燥しにくいものを利用するかハンドクリームなどで乾燥を防ぐようにしましょう。

それから、正しいうがいも重要となります。
うがいをする際には、まず口の中を軽くすすいでおくというのがポイントです。
口の中に付着したウイルスを除去する前にうがいをしてしまうと、喉に付着させてしまう原因になりますので、まずは口をすすぐことを徹底してください。
その後、喉の奥でうがいをするのですが、この時「あー」と言いながら行うことが大切です。
左右に首を振りながらうがいをすると、横面に付着したウイルスや細菌を除去することができます。
声を出し、首を左右に振るだけで喉のウイルスなどを体内に入れずに、排出することが可能です。

手洗いとうがいは健康的な生活を送る為の基本的な予防方法ですので、しっかり行うようにしてください。