喉の腫れを侮るな!放置しちゃいけない扁桃炎

季節の移り変わる時期にかかりやすい扁桃炎

扁桃炎は季節によってもかかりやすい時期があるので注意が必要になります。
特に気をつけなければいけないのは、季節の移り変わりの時期です。
季節の移り変わりの時期は気温も急激に変化しやすく、一日の間でも大きな寒暖差があります。
そのために体にも負担をかけやすくなってしまい、体調も崩しやすいのがこの時期の特徴です。
思わぬ病気などにもかかる可能性も高くなることから、この時期は特に健康管理に気を配る必要があります。

季節の変わり目は喉にも大きな負担を生じやすくなります。
病気などで体調をくずした場合には、体全体の免疫力が低下する場合もあるので、そのような時期に外部からウイルスや細菌が侵入した場合には、扁桃炎にもかかりやすい状況になります。
そのために季節の移り変わる時期に、喉に痛みを感じたら扁桃炎の疑いがあります。
痛みがあまりひどくならないうちに、病院に行って診察を受けることで、症状の悪化が回避することができます。

こうした症状は大人よりも子供に現れることが多いのも大きな特徴です。
病気の予防に対する知識が少ないことや、病気に対する抵抗力も十分でないことから、子供は大人よりも体調を崩しやすいのが特徴です。
急激な気温の変化は子供の体調にも大きな変化を与えます。
そのために、子供のいる家庭では季節の移り変わりには特に注意が必要です。
子供が喉の痛みを訴えた場合には、扁桃炎の発症を疑ってみる必要があります。
特に普段から喉の病気にかかりやすい子供は、季節の変わり目ごとにかかりつけの医師に診てもらうことも、病気の予防になります。

気温の変化に合わせて、服装も最適なものを選んで着ることが、体調管理のためには重要です。
気温に適応していない服装を着て外を歩いていると、体調にも悪い影響を与えやすくなるため、結果として喉にも負担をかけます。
特に気温が下がる季節は体が冷えやすいため、免疫力も低下してしまうので、気温の移り変わりに合わせて、適切に衣替えをすることが体調管理と扁桃炎の予防に効果的です。

症状の発症に影響を与える湿度の変化

季節の移り変わる時期に扁桃炎にかかりやすい理由としては、急激な気温の変化とともに、大気の状態の変化もあげられます。
日本はアジアの中でも一年の気温の変化が比較的大きい地域ですが、気温差が激しいだけでなく、湿度も季節によって大きく変化します。
扁桃炎の発症にも空気の湿度は大きく関係していて、空気が乾燥する季節になると、喉にウイルスや細菌が感染しやすくなるために、扁桃炎に発症する可能性も高まります。

普段から体調に気を配っている人でも、季節の変わり目は急激な気候の変化に対応できずに、思わぬ病気になってしまう場合もあります。
冬場はインフルエンザなどの病気も流行するので、マスクを着用して外出している人であっても油断できない時期です。
まだ大丈夫だと思って、マスクをつけないで外出した際に、喉にウイルスが侵入して扁桃炎が発症してしまう場合もあるので、早めの対策が重要になります。

季節の変わり目の中でも、特に扁桃炎が発症する可能性が高いのが秋から冬にかけての時期です。
冬は一年の中でも一番空気が乾燥している時期であり、さまざまな病気が喉から感染しやすくなります。
そのため、普段からの健康管理が症状の発症に大きく影響します。
子供は大人よりも扁桃炎になりやすいですが、この時期には特に発症しやすくなります。

子供の場合には毎日学校に通わなければならないので、それだけウイルスに感染しやすくなる状況にあります。
学校などにある暖房設備などによっても、喉にとって有害な環境となっている場合があります。
暖房設備の使用は室内の空気を乾燥させますが、狭い教室の中で多くの生徒が生活している学校は、特に扁桃炎が発症しやすい環境になりがちです。